FC2ブログ

[再掲]ご支援のお願い(多頭飼育崩壊の現場から救出された猫たちのために)

こんばんは!

花粉が飛び始めましたね!!!
猫が一緒に布団に潜り込んでいるので、くしゃみをするにも気を遣って大変です笑

先日アップロードした記事が消滅しておりました…ので、再掲させていただきます。
と申しましても、おおよその内容は憶えているものの、細かい部分は忘れてしまいましたので
(20日近く経過してしまいまして)
タイトルは同じであっても、内容に相違がありますことをご了承くださいませ。
結構きちんと打ち込んだので残念です。

1月の末日、雪予報が出ていた日に、とても酷い知らせが飛び込んで参りました。
県内某所のペットショップに動物たちが置き去りにされているとのこと。
経営者はどうやら夜逃げ?同然?で消えてしまったようです。

私が個人的に支援している、TNRボランティア団体の
NO MORE ALLEY CATSさん
http://nomorealleycats.blog.fc2.com
が猫8頭を保護することになったとのこと、急ぎお手伝いに向かいました。

その時にアップロードされたフェイスブックの記事です。
あまりに酷すぎると思いました。
フェイスブックページ

そしてその後の記事も日付が前後いたしますが
スクリーンショットを貼らせていただきますね。













フェイスブックに登録をされていないかたでも見られるページですが
良かったらフェイスブックに登録をして、NO MORE ALLEY CATSのページをフォローしてくださいね!




NO MORE ALLEY CATSさんはどういうボランティア団体かと申しますと
いわゆる野良猫(本当はこの呼び方は私は使いたくないのですが)たちを
TNRする活動をしていらっしゃるのです。
詳しくはググっていただきたいのですが
T=TRAP(罠を仕掛けて捕獲し)
N=NEUTER(去勢・不妊手術を施して)
R=RETURN(猫を元の場所へ戻す)
を基本とした活動です。
一部、助成金によって賄われるものもあるのですが、
彼らの活動の多くは支援者からの募金と、メンバーの持ち出しによって支えられています。

今回、8頭の猫を保護したことで、受診料、ワクチン代、不妊・去勢手術の費用が一度にかかることになりました。
そこでフェイスブックなどで募金の声かけをさせていただきましたところ
多くの皆様が関心を寄せてくださいまして、たくさんの募金をいただきました!
(募金を確認いたしましたのは、消えてしまったブログを書いた後ですので
今回掲載いたしますお名前は、2月初旬時点以降ご支援くださった方がたです。
前回ブログには掲載しておりません。)

◉月夜のライオン様(虹屋でのポストカード売り上げ分)
◉Sunking Cafe様
◉高木緑様
◉高木みほ様
◉喫茶Kivis様
◉日野原強様
以上虹屋でお預かりいたしましたかたのみ掲載させていただきました。
こちらは既にボランティア代表にお渡ししてあります。

こちらにNO MORE ALLEY CATSさんの口座番号を掲載いたします。
今後もご支援いただけますよう、是非ご検討くださいませ!
2019年2月現在、郵貯の口座間取引は月に1回のみ無料となってしまいました。
振込手数料がもったいないよ!その分も募金したいよ!というかたは
引き続き虹屋でもお預かり申し上げますので、遠慮なくおっしゃってください。
団体へは1週間以内に渡す手配をいたします。

ノーモアアーリーキャッツ募金口座
◉ゆうちょ銀行 10860-11680651
◉名義人 ノーモアアーリーキャッツ

他銀行からは
◉ゆうちょ銀行 088支店(ゼロハチハチシテン)
◉(普) 1168065





募金箱の設置やグッズを置けるよ!などの応援も募集されています。
色々な形での、小さくても出来る支援、地域活動をご支援ください^ - ^



他人にお金を託すということは、大変勇気の必要なことだと思います。
それから、少額だと恥ずかしいという羞恥心のようなものもあるかと思います。
ですから、信頼して預けてくださるということに感謝をいたします。
そして、私なぞは本当にいつも少額の募金でありますけれど、
出来るだけ継続して支援する、というのを心がけております。

応援というのは、「今」が必要なんですね。
「いつかまとめて」というのは、実はあまりありがたくないのです。
「いつか」「そのうち」「今度」は機を逃します。
これらの言葉は何の約束にもならないので私は好きじゃありません。仕事の上でも。
そしてその時には手遅れということも無きにしも非ずですから。
「いつも」「今」「今回」活かせるようなことを心に置くことを心がけています。

とにかく、ご支援をお願いするのはもちろん
私は知っていただきたいと思っています。
さくら猫のこと、地域猫のこと、殺処分のこと、動物の遺棄・虐待は犯罪であること、
人生の大切な時間と、一生懸命働いたお金を使って、儲かりもしないのに、
小さな命に心を寄せて救おうとするたくさんの人たちがいること。

お陰様で、保護猫を迎えたい、というご相談をたくさんいただくようになりました。
私は団体メンバーではありませんが、とても嬉しく思います。
もっともっと、小さな命たちに、暖かいお家が見つかりますように、祈っています。









おまけ

保護猫さんたちの爪切りのお手伝いを時々させていただいております。
猫好きにとってはたまらない場所です。





私もこの場所が好きで、きっとこの子たちもこの場所が好きなんだろうけど、
それでもやっぱり、ひとりじめ出来るパパやママやお兄ちゃん、お姉ちゃんがいるお家が
見つかったらいいなって願うのです。



長いブログをお読みくださりありがとうございました。

感謝します!
スポンサーサイト



10 | 2019/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

NIJIKO

Author:NIJIKO
虹やブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク